目の下のくま 解消法

目の下のクマの解消法!原因は病気?治す方法は?



最近ちゃんと寝れてる?疲れてない?

なんてことを言われたことありませんか?
疲労や寝不足の代名詞とも言える目の下のクマ。

実はクマは疲労や寝不足だけが原因で起こるものではないのです!

目のクマとはそもそもどんなもの?種類や原因は?

目のクマとはそもそもどんなもの?種類や原因は?



そもそも目のクマとは、目の下に発生した黒っぽい皮膚の部分を指し、目の周りが黒ずんでいる状態になります。

ちなみに、クマの由来は、歌舞伎の「隈取(くまどり)」から来ています。
血管や筋肉をオーバーに表現する歌舞伎独特の化粧法がクマの由来になっています。

目の下のクマの種類


一般的にクマの種類は3種類あるとされており、
  • たるみや皮膚のへこみなどが原因で起きてしまう黒グマ
  • 血行不良などで発生する青グマ
  • 色素沈着などでなってしまう茶グマが挙げられます。


目の下のクマの見分け方


できてしまったクマがどれにあたるかの見分け方としては、
  • 上を向くと薄くなる場合は黒グマ
  • 目じりを横に引っ張ると薄くなるのが青グマ
  • 何をしても変化がないのが茶グマ

となっています。

3種類のクマにはそれぞれに適した解消法があるので、自分がどのタイプのクマなのかをしっかり見分けてからケアするようにしましょう。

目の下のクマの原因


クマが起きてしまう要因としては、

黒色のクマの場合は、生まれつきであったり加齢により目の周りの脂肪の萎縮や、皮膚のたるみによって凹み(へこみ)が目立つことにより影ができる事によります。

茶色のクマの場合は、2種類あって、シミのように表皮にできたケースと、メラニンが皮膚の奥の方に沈着しているケースがあります。

青色のクマの場合は、目の周りにある毛細血管が透けて見えるパターンで、静脈の鬱血すると青くなりますが、静脈と動脈両方の鬱血してしまうと赤いクマになってしまうことがあります。

もっと具体的に表すと、

黒いクマの場合は、眼精疲労やお手入れがあっていない点での目の周りのハリや弾力の低下なのでエイジングケアへのサインともされています。
たるみが原因のケースでは、むくみがあると余計に目立ってしまうと行った面もあります。

茶色いクマの場合は、遺伝や紫外線や化粧品の影響や日焼けや目をこすると言った、刺激によってメラニンが活性化し色素沈着を起こすことが原因になります。
花粉症やアレルギーやメイクを落とす場合に、目をこすってしまう事も茶グマになってしまう原因になり、原因が皮膚そのものであるために改善が難しいとされています。

青いクマのケースならば、寝不足や眼精疲労からくる目の冷えや疲れによる目の周りの血行不良のものになっているので、発生する回数が多くなりがちなパターンになります。
血行不良であるためマッサージが効果的ですが、茶グマにこれを行うと悪化するので注意が必要です。

目の下のクマの解消法〜茶クマ編〜

目の下にクマがあると疲れているように見えますし、濃すぎると人相も悪くなってしまいます。

できるだけメイクで隠そうとする人が多いですが、単純にファンデーションやコンシーラーを塗るだけではカバーしきれないのが実情です。
そのため、メイクよりも他の方法で根本的に解決することがポイントになります。

一口にクマと言っても複数の種類があり、その中でも特に解決が難しいのは茶色になっているクマです。
以下の点に着目して根気よく改善に取り組んでみてください。

茶クマの原因は色素沈着


茶クマの場合、まずは色素沈着を防ぐことを心がけなければなりません。
なぜなら、茶クマはさまざまな要因によって沈着した色素が茶色に見える現象だからです。

代表的な要因は皮膚に対する刺激であり、その中には紫外線を受けることも含まれています。

もし日常生活において目元を擦る機会が多ければ、すぐにその癖をなくすように努力しましょう。
目元を擦る行為は皮膚への大きな刺激になるからです。

特に花粉症の人は目元がかゆくなりやすく、必然的に擦る頻度も多くなりやすいので注意しましょう。
また、アイメイクを落とすクレンジングの際も強く擦ってしまう人が少なくありませんので注意しましょう。

どちらの場合も、できるだけ優しく撫でるように触れるようにするのが効果的です。

茶クマ解消には紫外線対策を


茶クマの消し方として、紫外線に対しては大きめのサングラスや日焼け止めクリームなどをうまく活用することで防ぎやすくなります。
日光を受けた肌はメラニンという色素をたくさん生成してしまうので要注意です。

男性の場合は特に、紫外線に対し無頓着なことが多いです。
男性の場合でも日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりして紫外線対策をするようにしましょう。

茶クマ解消には保湿を


茶クマの消し方として、保湿を重点的に行うことも解決に必須といっても過言ではありません。
なぜなら、肌のターンオーバーを促進するには水分が欠かせないからです。

ターンオーバーによって新しい皮膚や作られるので、それが滞ってしまうと茶色にくすんだ肌が残りやすくなります。

乾燥は大敵であるとしっかりと認識して、就寝前はもちろんですがそれ以外のタイミングでも保湿を十分に行う習慣を身につけましょう。

茶クマ解消にはビタミンCを


茶クマの消し方として、ターンオーバーを正常に保つにはビタミンCもしっかり摂取しなけばなりません。
フルーツなどに含まれているので多く食べると良いですが、ビタミンC誘導体の入ったスキンケアグッズを浸透させるのもおすすめです。

茶クマにマッサージはNG


茶クマの消し方としては、間違った方法で解決を試みないことも重要なポイントになります。
マッサージで改善できると考えている人が見受けられますが、これは青クマの場合に効果を期待できる方法です。
刺激を与えることになるため、茶クマの場合は色が濃くなってしまう恐れがありますので注意しましょう。

目の下のクマの解消法〜青クマ編〜

青クマ血行不良が原因でできるクマのため、冬場は青クマのある人が急増するとも言われています。

コンシーラーやコントロールカラーやファンデーションを丁寧に重ねないとなかなか隠れない、
老けた印象になり実年齢よりも上に見られてしまう、
疲れた印象になり周りの人から心配されてしまう
など、目の下に出来る青クマにまつわる悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

何もせずに放置すれば症状は悪化して悩みも根深くなりますので、早めに対策を行って問題や悩みを根本から解決させましょう。

青クマの原因は血行不良


対策を行う前に、まずは青クマが出来る原因について知っておく必要があります。

青クマが出来る原因は、代謝の低下による血行不良です。
体のめぐりが悪くなることで生じるものですので、青クマが出来やすい人は頭痛や冷え性や肩こりや腰痛やむくみなどの症状も伴う人が多いです。

代謝を高めて血行を促進させてめぐりのよい肌に導くことが、対策としては有効的です。

具体的な対策方法についてですが、温活や食生活の改善やマッサージなどがあります。

青クマ解消には温活を


青クマの消し方として、温活で体を温めて冷え性を改善させて基礎体温を上げることが出来れば、代謝や血行は促進されます。

  • ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって体を芯からじんわりと温める
  • 防寒対策を行い体が冷えないようにする
  • 筋トレや体操やウォーキングやジョギングやストレッチなどの運動を行い体温を上昇させる
  • 体を温める働きがある生姜やネギやニンニクや根菜類などを積極的に食べる
  • 冷たい飲み物はなるべく避けて温かい飲み物を飲む習慣をつける

などを意識して、冷えない体をつくっていきましょう。

食生活において心がけるべきこととしては、
  • ビタミンやミネラルやタンパク質などの栄養素をバランス良く摂取する
  • 水分をこまめに補給して代謝を促進させる
  • 栄養の偏りを防ぐために過度なダイエットや暴飲暴食などは避ける
  • ポリフェノールを豊富に含む食べ物を食べて血行を良くする

  • などがあります。

    青クマ解消にはカシスを


    青クマの消し方として、カシスがあります。ポリフェノールを豊富に含む食べ物の代表格が、カシスです。
    カシスは、ドリンクで摂取するのがおすすめです。カシスに含まれるポリフェノール「アントシアニン」は即効性も抜群で、カシスのドリンクを飲んだおよそ90分後には血流量の増加とクマの改善が見られたという実験結果もあるそうですよ。

    青クマ解消にはマッサージを


    青クマの消し方として、マッサージが効果的です。茶クマにはマッサージはNGででしたが、青クマには効果的です。

    効果的なマッサージとしては、
    • 黒目から親指1本分くらい下の部分を優しく刺激する四白マッサージ
    • 鎖骨の部分を優しく撫でるように刺激する鎖骨マッサージ
    • 人差し指と中指で耳を挟み円を描くような感覚で刺激するリンパマッサージ

    などがあります。

    これらのマッサージをすることで血行が促進されれば、顔全体のむくみが解消されて顔色も良くなります。
    積極的な対策に努めて、青クマが出来にくい体に導きましょう。

目の下のクマの解消法〜黒クマ編〜

黒クマは、茶クマや青クマとは異なり、皮膚の変色によるものではありません。

黒クマの原因は肌のたるみ


加齢によってハリのなくなった皮膚がたるんでくると、その下に影を落とし黒く見えてしまいます。これが黒クマの原因。
コラーゲンの減少や目元周辺の血行不良などが肌のたるみの原因の一つです。

黒クマの原因は眼窩脂肪


肌のたるみの他にも、眼窩(がんか)脂肪が飛び出てくる影響で黒クマになる場合もあります。

眼窩脂肪とは、目の周りにある眼輪筋という筋肉の内側にある脂肪のこと。
眼輪筋がゆるんでくると、それに伴い眼球の重さに耐えきれなくなった眼窩脂肪が飛び出てきます。
この飛び出た眼窩脂肪の下にできる影が黒クマとなります。

黒クマの解消にはトレーニングやマッサージを


黒クマの消し方として、目の周辺の眼輪筋や表情筋の筋トレで解消できます。

目をぎゅっと5秒間閉じたあとゆっくりと大きく目を開く、といったエクササイズが効果的です。
表情筋や眼輪筋を鍛えることで、皮膚のたるみをなくしていきます。

また、茶クマの改善方法で挙げた保湿や、青クマの改善方法で挙げたマッサージ黒クマに有効です。
茶クマや青クマに気をつけていれば自然と黒クマ予防にもつながるということですので、保湿や血行促進に気をつけると良いでしょう。

高麗ニンジンなどの血流を促進させるような成分を含む漢方やサプリメントなどを服用することも、体の内側からのアプローチとして有効です。

男性ならメンズコンシーラーでクマを消す?

男性ならメンズコンシーラーでクマを消す?



目の下のクマは、コンシーラーやコントロールカラー、ファンデーションなどを丁寧に重ねないとなかなか隠れないですよね。

  • 老けた印象になり実年齢よりも上に見られてしまう
  • 疲れた印象になり周りの人から心配されてしまう

など、くまによる悩みを抱えている方は多いと思います。

女性であれば、ファンデーションなどで化粧をすれば自然と隠すことが出来ますし、化粧のスキルもあります。
一方で男性の場合は、多くの場合は化粧などしたこともないでしょう。

男性の場合はコンシーラーがおすすめ


男性の場合の目の下のクマを隠す方法はメンズコンシーラーがおすすめです。

コンシーラーとは、簡単に言うと一部だけにつけるファンデーションのこと。
顔全体を覆うファンデーションには抵抗があるという方でも、気になるところだけにつければ良いコンシーラーなら使いやすいという声も多いようです。クマ以外でもニキビ、青髭隠しや人前に出る際などにも使えますから、持っておいて損はありません!

クマの種類によってコンシーラーの色を変える


目の下のクマ対策として色は何を基準に選べばいいかというと、
  • 茶クマを消したい時はイエロー系
  • 青クマを消したい時はオレンジ系
  • 黒クマを消したい時はベージュやオークル

基本的に明るめのトーンを選ぶようにしましょう。

もちろん、ご自身の肌色に合わせるのが基本なので、心配な方は化粧品売り場のお店の方に相談してみてくださいね。

クマの原因が病気のことも!

目の下のクマは、茶クマ・青クマ・黒クマなど種類がありそろぞれに解消法があることをお伝えしてきました。

クマの解消法を試しても治らない…そんなときは病気の前触れだったり、病気が原因のこともあります。
病気が原因の場合には、ファンデーションやコンシーラーでいくら消しても根本的な解決にはなりません。

病気がクマの原因であることを自覚し、場合によっては病院など医療機関を受診することも検討しましょう。

うつ病が青クマや黒クマの原因に


青クマや黒クマの場合は、うつ病が原因の可能性があります。

鬱から来る睡眠不足や自律神経の不調により、青クマや黒クマができてしまっている可能性があります。

うつ病は自分では気づきにくい病気ですから、疲労感や倦怠感などがどうしても続く時は無理に自己解決せず病院に通ってみると良いでしょう。

バセドウ病が黒クマの原因に


バセドウ病は一度は聞いたことくらいはあるかもしれません。
バセドウ病とは「甲状腺ホルモン」が多量に分泌されてしまう病気です。歌手の絢香さんが公表したことでも知られています。

甲状腺ホルモンは「元気の素」とも言われるホルモンなので最初は元気に感じますが、エネルギーの消費も大きく疲れやすくなってしまうそうです。
甲状腺ホルモンの分泌が進みすぎることで、動悸、手指のふるえ、多汗、疲れやすいなどの症状があらわれるのがバセドウ病(甲状腺機能亢進症)
眼球が突出する症状もあることから、黒クマの直接的な原因になります。

皮膚炎が茶クマや黒クマの原因に


花粉症やアトピー性皮膚炎などの炎症は色素沈殿を引き起こします。
色素沈着は茶クマの原因になります。

アレルギーを発症すると身体はヒスタミンという化合物を出し、そのヒスタミンが血管を拡張させてしまいます。
そのため、腫れた目のたるみで黒クマができてしまうこともあります。

アレルギー体質の人は色素沈着による茶クマや、たるみによる黒クマに注意する必要があります。

肝臓病・腎臓病が青クマの原因に


肝臓や腎臓が疲弊してくると、青クマが現れることがあります。

肝機能・腎機能は低下すると老廃物を出せなくなるので、血液がドロドロになり血行不良を起こしたり、身体のむくみを起こしたりします。
血行不良は青クマの原因になりますので、「疲れていないのにクマができた」という恐ろしい結果に繋がります。

鉄欠乏性貧血が青クマの原因に


貧血を起こしやすいという方でも、クマができやすい方は多いです。
これも血行不良が原因で、青クマの原因になります。

鉄分が不足しているがゆえに血液が全身に行き届かず、青クマを発生させてしまいます。
貧血を治すには食生活や生活習慣が第一で、鉄分を多く摂るというだけでなく、無理なダイエットやインスタント食品は控えるようにしましょう。

 

サイトマップ